アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第43話 究極の一手!騎馬王丸対シュウト

SDガンダムフォース 第43話 究極の一手!騎馬王丸対シュウト

SDガンダムフォース 第43話 究極の一手!騎馬王丸対シュウト

 

SDガンダムフォース 第43話 究極の一手!騎馬王丸対シュウト

 

シュウト:ぼくはシュウト!
騎馬王丸に捕まってしまったぼくとリリ姫は、天宮(アーク)の天地城に連れてこられてしまった
そこはダークアクシズと手を組んだ騎馬王丸が、天下統一をもくろむ戦乱の地だった
こんな所でどうなっちゃうんだろう
でも、ガンダムフォースのみんなもきっと天宮に来てくれるに違いない、それまで、ぼくがリリ姫を守って、がんばらなくちゃ!


シュウト:「究極の一手!騎馬王丸対シュウト」


騎馬王丸:なんだと!何故もっと早く報告しなかった!
爆覇丸:「申し訳ありません」
騎馬王丸:俺はそのガンダムどもを待っておったのだぞ!
爆覇丸:「ははあ!」
シュウト:……ゼロ!爆熱丸!元気丸も!
……天宮に来てたんだ
騎馬王丸:どこに逃げたのかわからんのか
爆覇丸:「申し訳ありません」
騎馬王丸:欲しいものがやってきたというのに追い払ったとは……忌々しい
爆覇丸:「私(わたくし)自ら地に降り、そやつらを探し出して参ります」
騎馬王丸:お主はこの天地城の守りを固めるのが任務!その件は他にも手をうってある、余計なことはするな!
シュウト:ウウ!?ふわあッ!
リリジマーナ姫:アアッ!
シュウト:あ……
騎馬王丸:……妙な真似はしないことだな
シュウト:クッ……
爆覇丸:オリャオリャオリャオリャオリャオリャオリャオリャー!!
破餓音丸:エッヘン!
猛禽丸:フッ!トゥッ!ウルルルァア!
テイッ!ウリリリィイ!
トゥッ!トルルルルゥゥア!
機獣丸:フーフフフーフン!
武里天丸軍
野武士(ノブッシ)たち:(オー!ワー!オー!)
武里天丸軍野武士:「退却ー!ひけぇ!」
武里天丸軍野武士:アアッ……
武里天丸軍野武士たち:(ワー!ワー!)
武里天丸軍野武士:ウアッ……
騎馬王丸:撃て撃て!容赦するな!踏みつ潰せ!
シュウト:ひどい……ひどいよ!ひどいぞ騎馬王丸、やめろよ!やめろってば!
騎馬王丸:黙れ!
シュウト:アッ、ウウ……
リリ姫:この戦いぶりを見れば、あなたが天宮を治めたらどうなるかがわかります
騎馬王丸:ム?
リリ姫:力だけが支配する、慈悲のない国になるでしょう!
そういう下品な国は、近隣の国をも脅(おびや)かす危険な存在……
このような政策を改めぬ限り、この地に平和は訪れないでしょう……
シュウト:ねえ、ぼくにできること、何かないかな
リリ姫:ありません
シュウト:アア、アア……そう
リリ姫:……アアッッ!
シュウト:ウッ……なんだ?この揺れ、ここへ来てからもう何度も……
リリ姫:……12回目です
騎馬王丸軍野武士:「騎馬王丸様、報告します
武里天丸軍本陣でビグザムが暴れたとの報告がありました」
騎馬王丸:ビグザムだと?
騎馬王丸軍野武士:「暴走した一体が本陣へ乱入したらしく、それを、武里天丸軍の武者が破壊したとか……」
騎馬王丸:フン、武里天丸はあれでなかなか侮(あなど)れん相手……
そのくらいでなければ面白くない
騎馬王丸軍野武士:んん?……武里天丸軍の本陣を確認!
騎馬王丸:何!敵の本陣が見えた!?
ハッハッハッハ、ようやくここまで来たか
天下分け目の戦(いくさ)も目前(もくぜん)!
リリ姫:戦を楽しんでいる…tねん
シュウト:このままじゃダメだ!ぼくに何か、できることがあれば……将棋盤!
リリ姫!ぼくにできることがあったよ!
おい騎馬王丸!ぼくと勝負しろ!
騎馬王丸:なんだと?……おお、将棋をたしなむと?
シュウト:パパが好きだったからね、どう?
騎馬王丸:俺に勝てると思うのか?
シュウト:ぼくが勝ったら、天地城の進軍をやめるんだ!
騎馬王丸:むう?ンッフッフッフ……ガッハッハッハ!ハッハッハッハ……よく言うわ小わっぱ
ンンー、その意気や良し
騎馬王丸:進軍やめい!天地城停止せよ!
騎馬王丸:武里天丸軍との決戦を前に、余興を楽しむとしよう
シュウト:まだ勝負してないのに進軍をとめるのか?
騎馬王丸:貴様と勝負したとて結果は見えている
ただ、勝負がつくまでの間止まってやろうというのだ……来い
爆覇丸:どうしたというのだ!武里天丸の本陣が目の前だというのに、何故止まる!
リリ姫:なるほど……つまり将棋とは、互いの王を打倒する勝負なのですね
いわば国取りの、演習
騎馬王丸:シュウトとかいったな、お前の世界の将棋と天宮の将棋、どうやらまったく同じ物のようだ
シュウト:ルールが同じなら負けない、パパゆずりの腕なんだ
騎馬王丸:俺が一勝する度に、その座布団を一枚ずつもらおう、貴様が床(ゆか)につくまで、天地城はここで止まっている
シュウト:そんな余裕言ってていいのかな、ぼくが床につかなかったら、ずっと止まり続けるんだよ、武者に二言はないんだよね?
騎馬王丸:その減らず口、いつまでたたけるかな
シュウト:エヘ……ウッ、ウッ、わっ、わっ!
騎馬王丸:これから勝負するにふさわしい場所へ、案内しよう
シュウト:アッ、アッ、アッ、アア!アッ、アウ……
シュウト:はぁっ……
リリ姫:……アアッ!
シュウト:ウワッ!
武者大神将:(唸り声)
シュウト:ウ、ウウ……
リリ姫:これは……
騎馬王丸:こやつは武者大神将(むしゃだいしんしょう)……古来より天宮に生き続ける、戦いの暴れ神よ
武者大神将:(唸り声)
リリ姫:城の揺れは、この者が原因だったのですね
シュウト:ウ、ウ、ウ、ウワー!ア、ア、アア!
ア、ア、ア、アグ……
騎馬王丸:この騎馬王丸に勝負を挑もうとする奴が、まさか恐れをなしたのではあるまいな
シュウト:そんなことないよ!
騎馬王丸:では、始めるぞ
シュウト:よし……やろう
騎馬王丸軍野武士:では、騎馬王丸様とシュウト殿の対局、開始いたします
シュウト・騎馬王丸:よろしくお願いします
騎馬王丸:……王手
シュウト:ウウ!
騎馬王丸:詰みだな
シュウト:わあ!
リリ姫:キャア!
シュウト:あっ……ゴホッ!ああ……ウウ……
リリ姫:ゴホッ!ゴホッ!ゴホッ!ゴホッ……
騎馬王丸:何を驚いておる、お前の知っている将棋では、決着がついても爆発せんのか
シュウト:し、しないよ!
武者大神将:(唸り声)
シュウト:なんだ!?
騎馬王丸:大神将……早く暴れ出したくて仕方ないようだ
シュウト:こんなのが暴れ出したら大変だ!
騎馬王丸:そうとも、うかつに使えば俺にも滅びが待っている、大神将を意のままに操るには、カギが必要だ
シュウト:カギ?
騎馬王丸:そして武里天丸の本陣には、大神将の刀がある
カギと刀、その2つを手に入れたとき、俺は天宮を統一し、大将軍になるのだ
シュウト:大将軍……
騎馬王丸:はっはっは、もっとも、俺に天地城があるように、武里天丸には太音ヶ士磨(たねがしま)がある
易々(やすやす)と大神将の刀を譲ってはくれんだろうがな
シュウト:武里天丸……その人も倒すの?さっきみたいに
騎馬王丸:容赦はせん
シュウト:……
騎馬王丸:約束だ、一枚もらうぞ
シュウト:ヘ?あ……
騎馬王丸軍野武士:フン!
シュウト:まだあきらめないよ!さ、次の勝負だ!
騎馬王丸:そう来なくてはな
武者大神将:(唸り声)

 

ザコブッシたち:おお……
ザコブッシ1:先手、二二歩成りブッシ
ザコブッシ2:二二歩成り、了解ブッシ
ザコブッシたち:ブッシブッシブッシブッシ……
ザコブッシ3:さあすが騎馬王丸様だブッシ
ザコブッシ1:あのお、今のは先手だから、騎馬王丸様じゃなくて、人間の方の手ブッシ
ザコブッシたち:あれえ?ブッシ
シュウト:おわあ!
騎馬王丸:フン
騎馬王丸軍野武士:エイ!
シュウト:あ……また負けた……くそー!もう一回!
あ!あああ……
リリ姫:どうなさいました?
シュウト:あ、あああ足が……シビれてー!あああ!
リリ姫:アアッ!……ああ……
シュウト:ああ……
騎馬王丸:どうする、やめるか
リリ姫:シュウト、私に指させていただけませんか……いいえ、指します
シュウト:姫が!?
リリ姫:王族として、幼い頃から学んだ帝王学、今こそ役に立つときです
ルールは、ほぼ飲み込みました
騎馬王丸:俺はどちらでも構わんぞ
騎馬王丸・リリ姫:よろしくお願いします
リリ姫:ン……
騎馬王丸:……
ザコブッシ1:先手、ラクロア王族リリ姫、後手、騎馬王丸様
リリ姫:ン……
騎馬王丸:……
シュウト:ハ……
リリ姫:……
騎馬王丸:ム……こやつ、できる
リリ姫:ン!
シュウト:ああっ……
騎馬王丸:何ッ!
リリ姫:王手!
シュウト:な……なにやってんの?
ザコブッシたち:ブッシ?
リリ姫:無駄な途中経過を省いただけです
騎馬王丸殿の分も、私(わたくし)が指して勝ったのです
騎馬王丸:やれやれ、何ともせっかちな姫だな
騎馬王丸軍野武士:サッ!
リリ姫:あら?私の勝ちでは?
騎馬王丸:悪く思うなよ、反則負けも負けだ
リリ姫:負け!?……そんな……
シュウト:ウン……
騎馬王丸:……フッハッハッハ
シュウト:……ン!
騎馬王丸:王手だ……ン?
シュウト:魔法はダメ!
リリ姫:そんなこと聞いてませんよ?
シュウト:ウーン、でもダーメ!
リリ姫:そんなに怒らなくても……
シュウト:ああ……
リリ姫:和みましたかー?
シュウト:和んでどーすんのさ!
騎馬王丸:ハッハッハッハ、これは対局者の反則ではない、おなごの戯れ言、見逃してやろう
シュウト:ホント!?
騎馬王丸:さ、お主の番だ、指すがよい
シュウト:よーし!……フン!
シュウト:フン!
シュウト:これでどうだ!
騎馬王丸:うーん、なかなかいい手だ
武者大神将:(唸り声)
シュウト:うあ、うあ、あああ!
……ねえ、さっき言ってた大神将を操るカギってなに?
騎馬王丸:今の手に免じて教えてやろう
こやつを操るには、あの額の玉の中に入らねばならん
シュウト:あ……
騎馬王丸:あそこに入るには特殊な技が必要なのだ、俺はそれを探していた……
そしてついに見つけた!元気丸という……
わっぱがそれだ
シュウト:元気丸!?
騎馬王丸:奴は空間を飛び越える技を持っておる……
その技があれば、大神将の中へ入れるのだ、そうなれば、暴れ神の力を我が物とできる
シュウト:そうか……だからいつも虚武羅丸は元気丸を狙っていたのか
回想:虚武羅丸:「何やつ!」
回想:元気丸:「オイラは武者頑駄無元気丸!」
回想:虚武羅丸:「……フン!」
回想:元気丸:「ヤメロ!離せ!降ろせ!」
回想:虚武羅丸:「ハッ!」
回想:元気丸:「ウウ!」
騎馬王丸:あと九手もあれば詰みだ、考え事をしている暇はないぞ?
シュウト:……負けるもんかー!!
騎馬王丸:いい読みだ……しかしまだまだ修行が足りんな……あと七手、さあどうする
騎馬王丸:フッハッハッハ、小わっぱと指すというのも、楽しいものだな
シュウト:ウ……
騎馬王丸:俺も自分の子と将棋を指してみたいものよ
シュウト:こども?
騎馬王丸:いや……そう思う瞬間があるというだけだ
常に戦の中に身を置いてきた俺には、子などおらん!
シュウト:いっそ、戦なんてやめればいいじゃないか、みんな仲良くすれば……
騎馬王丸:そうは……いかん!
シュウト:どうしてさ!
騎馬王丸:天宮統一は我が宿願……あらゆるものを犠牲にしても、それは曲げられぬ
……あと三手
シュウト:そのためなら何でもやるの?
騎馬王丸:ああ、ダークアクシズの力さえ借りている
シュウト:そんなのおかしいよ!
騎馬王丸:見よ!儂はこの地を統べるべく戦ってきた
そして多くの大小名どもを軍門に下し、我が領土を広げてきた!
あと僅かなのだ……天宮は力でこそ統一できる、力で治めねばならん!
それができるのは……この騎馬王丸のみ!
リリ姫:私はフォークより思いものは持ったことがありませんが、ラクロアを治めていますよ
騎馬王丸:だから貴様らは滅んだのだ
天下とは、力ある者によって治められるべきなのだ
リリ姫:ウ……
騎馬王丸:天宮を統一すれば、もはやダークアクシズを恐れる必要もない……もし俺の天宮を狙ってくるのなら、奴らも倒すまで!
シュウト:そんなの!なんか変だよ!
誰だってみんな天宮の未来を考えているはずだよ?
騎馬王丸だって、相手の武里天丸だって同じはずだよ!
一緒になってダークアクシズと戦えばいいじゃないか!
同じ天宮の武者同士なのに、なんか変だよ!
騎馬王丸:いい手だ、あと数手は戦えそうだな
爆覇丸:騎馬王丸様!まだ進軍せぬのですか!
猛禽丸?:もう待ちきれませぬ!
騎馬王丸:黙って待っておれい!
騎馬王衆:ハハッ……
騎馬王丸:シュウトとやら、勘違いするな、俺が考えているのは、俺の物となった天宮の未来だ
この世は所詮弱肉強食、強い者だけがおのれの意を通せるのだ
俺を阻止したければ、俺を倒すだけの力を示してみせよ、そして今!俺は全力をもって貴様を倒してみせる
前へ進むために、俺の天宮のために!
シュウト:ああ……
騎馬王丸軍野武士:機関可能!全速前進!
騎馬王丸軍野武士:全速前進了解!
騎馬王丸:楽しめたぞ……シュウトとやら
シュウト:……今にまちがってるってわかるよ!きっと!
騎馬王丸:勝ってから言うんだな!また挑んでこい!何度でも受けてやる!フッハッハッハッハッハッハ……
リリ姫:シュウト、良い勝負でした、私は感動しました
シュウト:ありがとうリリ姫、でも、天地城を足止めできたのは、ほんのちょっとだった……
リリ姫:この時間が、騎馬王丸にとって、痛恨の時になるでしょう
シュウト:そう……かな?
リリ姫:きっとそうなります
シュウト:……よーし!早くここから脱出して、元気丸のことを伝えないと!
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
ザコ赤:みなさん、こんにちは!
ザコ青:毎度!
ザコ黄:オオイッス!
ザコ赤:本日のミーティングは!
ザコ黄:あー……って、誰もいないザコ!
ザコ赤:アリ?
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよ!みんな武里天丸に捕まってしまったんですよ!
ザッパーザク・グラップラーグフ・デストロイヤードム・ザコソルジャーたち:「おめえら暑苦しいだろうがー!」「押すなーコラア!」「せまいドム」「ザコザコザコザコザコザコ」
ザコ赤:アーそうだったザコ
ザコ黄:すっかり忘れていたザコ
ザコブッシ:ジャマするブッシ!
ザコブッシたち:ブッシーブッシーザコブッシ!ブッシーブッシーザコブッシ!ブッシーブッシーザコブッシ!
ザコ黄:え?ダーッダァ!ダダナンダ!あんた!
ザコ青:ちょっとっとっと!あーっとっとっとゾロゾロゾロゾロと!ああー、えー?ああーん?
ザコ赤:アーもうホントにダダダダダ!
なんだオマエら!
ザコブッシー:ブッシーたちは、騎馬王丸様の天宮統一を手助けすべく、ダークアクシズより遣わされたザコブッシーブッシ!
ザコ3人:ザコブッシー?
ザコ赤:おおー、そういえばどことなく!
ザコ青:なーんだか似たもの同士ザコ?
ザコ黄:なーんだか兄弟みたいザコ?
ザコ赤:アやっぱり?
ザコ3人:フフーン?でーもーでーも?
ザコブッシー:ブッシーたちはこーんな事もできるブッシ!
約、百三十尺先の敵を倒すこともできる飛び道具、前装式(ぜんそうしき)ザコ短筒(たんづつ)ブッシー!
どんな飛び道具も簡単に防ぐことができる木製のザコ盾(たて)ブッシ!
そして!刃紋(はもん)もとってもキレイな、鉄層千二十四枚!マルテンサイト製ザコ刀(がたな)ブッシ!
これらの素晴らしい武具を装備して、ブッシたちは日夜戦(いくさ)してるブッシーブッシーザコブッシ
ザコ3人:おおーお!
ザコ黄:教えて教えて教えてー!ザコブッシが戦ってるあいつらは誰ザコ?
ザコブッシ:ここ天宮は、武者頑駄無(がんだむ)の世界ブッシ
騎馬王丸様も、騎馬王衆も、武里天丸も、敵も味方もみんな武者頑駄無ブッシ
そしてコイツは騎馬王丸軍野武士(ノブッシ)ー、コイツも騎馬王丸軍野武士ー、こいつら武里天丸軍野武士ー、こいつもー、こいつもー、こいつもー、こいつもー、こいつもこいつもこいつもこいつもこいつもこいつもこいつもー!?
野武士たち:「こんなこともできる!」
ザコ3人:天宮って変ザコーぉ……おぉぃ
ザコ赤:な!なんなんだこいつら!
ザコ黄:えーっと……
ザコブッシーたち:こんなこともできるブッシ!
ザコ3人:どおおおお!ダーッ!
ザコ赤:よ、よーし、ザコたちだって!こんな事もできるザッコ!
ザコ青:トーゥィ!
ザコ黄:ザコーィ!
ザコ赤:スタン!
ザコ3人:イヤーン!
ザコ赤:ザコたち負けずに!
ザコ3人:頑張るザコー!
ザコブッシ:ブッシーブッシーザコブッシー、ブッシーブッシーザコブッシー!

 

シュウト:大変だ!虚武羅忍軍がみんなをあやつり始めた!武里天丸が危ない!爆熱丸、伝説の鎧で何とかして!次回SDガンダムフォース「爆心丸、炎上!!」